【クーポンあり】MAZE ALPHA 6.0 インチ 「買い時なファブレット」

 

こんにちは、ジョージ(@George3cube)です。

 

中国メーカーであるYOP Communication Technologyが展開するスマホブランド「MAZE」から「MAZE ALPHA(メイズアルファ)」が発売されました。

 

久しぶりのファブレットなので楽しみ!

 

画面サイズが6.0インチなので、一般的なスマートフォンの画面サイズは5.2~5.5インチなのを考えると、明らかに大きいし、タブレットに比べると小さいし、ファブレット機にはメリットはあるのか?

そして、スペックや実際にベンチマークテストなども行ってみたので、ぜひ参考にしてみてください。

記事の途中に割引クーポンあり

 

 

 

スペック

MAZE ALPHAのスペックは下記の通りです

 

思ったよりもいいもの積んでるな~という感想です。

そして、バランスもいいし、これはベンチマークテストに期待がもてます。

更に、まだまだミドルスペックでは少ないType-Cのコネクタを搭載していて、DSDSにも対応しているのでMAZEというブランドはノーマークでしたが、一気に株が上がった感じです。

 

外観:「想像以上に重い」

化粧箱も安っぽくはありません。

でも、大体中国製品は化粧箱の角が凹んでます。。。(しっかり空気の入った梱包財に覆われているんですけどね)

 

中国メーカーですが、中国語は一切書かれていないので、その辺りブランディングなのでしょうか。

 

写真ではサイズ感が伝わりにくいですが、6インチあるので開けた瞬間「大きいな~」と感じます。

 

同梱物は写真のもので全てです。

  1. 本体
  2. 保護フィルム
  3. 充電ケーブル
  4. コンセントアダプタ
  5. SIMピン
  6. 説明書×2

 

本体の背面です。

カラーはブラック1色のみで、ガラス加工が施されているのでとても高級感があります。もちろん指紋はベタベタ付きますが、そこはアイフォンでも同じことですね。

率直に「重い!」と開封して、本体を持った瞬間に声がでました。(本体重量:225g)

やはり画面サイズも大きいですし、バッテリーも4,000mAh搭載なら仕方ないのかもしれません。小型化が一番コストがかかると思うので、後述で価格も載せてますが「この価格なら仕方がない」と納得できるはずです。

 

デュアルレンズのカメラも最近のトレンドに併せていて、外観の質をあげていると思います。

 

厚みも8.1mmあるので、重量と画面サイズのバランスで考えると、薄すぎても持ちにくいと思うので、この厚みは適性だと思います。

 

画面下部にある指紋認証センサー(物理ボタン)と、中国製品で流行りつつある画面下部のインカメラです。

ディスプレイには指紋もそうですが、傷がつきにくい気がするので、付属の保護フィルムは必ず貼りましょう。

 

本体上部と下部には特に変わった部分はありません。

 

UI(ユーザーインターフェイス)もオーソドックスなもので、もちろん日本語に対応しているので、中国メーカーだから不安という方にも、簡単に使いこなせます。

 

写真画質が悪いのでうまく伝わらないかもしれませんが、画面解像度はフルHDなので、動画視聴には最適でした。

 

DSDS対応のSIMトレイです。

microSDとSIMは独立はしていないので、ハイブリッド式となります。

 

最後にコンセントアダプタのスペックです。

1.5A~2Aに対応しているので、急速充電が可能です。

 

 

性能テスト

当サイトでは主に3つのアプリで性能テストを行います。

 

AnTuTu ベンチマーク

うぉ~6万点台はユーザーにはありがたい数値ですね。

下記は3回計測の平均値です。

 

  • トータル:60,042
  • 3D:10,857
  • UX:26,358
  • CPU:18,942
  • RAM:11,652

 

HUAWEIのP10 liteでも6万点ちょうどなので、CPU自体の性能はP10 liteの方が上ですが、この僅差は価値があると思います。

何せP10 liteは10/19時点でもまだ、価格.comのSIMフリースマホランキングで1位なので、性能的には近いものだと言う事ですね。

→ベンチマークスコア一覧表はこちら

 

3D MARK

こちらもAnTuTuと同様に3D性能を計測するアプリです。

下記は3回計測の平均値です。

これもP10 liteよりも数値は上回ってますね。

→ベンチマークスコア一覧表はこちら

 

Geekbench4

最後にCPUの性能をメインにテストするアプリです。

 

シングルスコアはどちらも大したことありませんが、マルチスコアはそこそこと言った感じです。

→ベンチマークスコア一覧表はこちら

 

やっぱり画面は大きいと便利

ほんと久しぶりにファブレットをもちました。

昔はHUAWEIのファブレットをいくつか使ってましたけど、その時も確かにタブレット並みの画面の大きさ、そして電話機能もちゃんと付いてる安心感、有る意味ファブレットって完璧だな~と思うんです。

 

タッチペン使ってまで何かするほどMAZE ALPHAの画面サイズは大きくないですが、動画視聴以外にも株価などのチェックやSNSの確認もすっごい見やすいんですよね。

 

 

バッテリーの持ちも満足

このMAZE ALPHAのバッテリー容量は4,000mAhあって、その分本体の厚みがあったりデメリットな部分もありますが、ベンチマークのスコアもそこそこ高い(P10 liteやZenfone3も同じくらい)ので、スマホゲームもそこそこ遊べます。

ゲームを長時間遊んでも、4,000mAhのバッテリーはタブレット並みにあるので、使ってても特に不満を感じることはありませんでした。

コネクタもUSB Type-Cを搭載しているので、データ転送も早く、何度も言いますが「思ったよりも」優秀なスマホだな~と。

 

 

価格がビックリ!

さてさて、ここまで引っ張っての価格を発表します。

日本円で21,985円です!

  • メモリ4GB
  • ストレージ64GB
  • バッテリー4,000mAh
  • 画面はフルHD
  • DSDSに対応
  • ベンチマークは6万点台

 

これだけの仕様で2万円に迫る価格のスマホは中々ないと思います。

 

当サイトだけの割引クーポン!

今だけMAZE ALPHAがGeekbuyingで175.99ドル(20,800円程度)で購入できます!

限定のURL:https://www.geekbuying.com/item/MAZE-ALPHA-6-0-Inch-4GB-64GB-Smartphone-Black-384001.html

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

スマホと言っても、画面の小さなものから大きなものまであって、それぞれのサイズで使い方が変わるんですよね。

今回、Youtubeとブログを通して初めて紹介した「MAZE」というスマホブランドは、ボクの中でかなり刺激をもらいました。

 

以前にYoutubeで紹介したVernee(バーニー)というスマホメーカーも、当時はだいぶ驚かされたんですけど。

【動画】vernee Apollo SIM フリースマホ レビュー 「2万円台で買えるデカコア機」

 

当時、全然主流じゃなかったデカコアをCPUに搭載して、価格が2万円台で購入できるという、もうコスパとかそーいう次元のものじゃありませんでした。

長期間は使えてないので、耐久性はどうか分かりませんが、中国メーカーにはベンチャーが溢れているので、MAZEにも同じ匂いを感じました。

詳しくはGeekbuyingのサイト内でチェックしてみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

年間15台以上のスマホを使うガジェットユーチューバー。 登録者数7000人以上。商品レビューやってます。 本業は陽気な人事担当者。 彼女とはもうすぐ結婚するのに海外逃亡がやめられません。 メガネは伊達です。